本文へ移動

【日本ハム】ビッグボス、投手・加藤に奇策・初球ヒットエンドラン!松本剛の先制犠飛呼んだ

2022年5月24日 20時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
加藤の左前打に拍手する新庄監督

加藤の左前打に拍手する新庄監督

◇24日 交流戦 ヤクルト―日本ハム(神宮球場)
 指揮官として初の交流戦に臨んだ日本ハムの新庄監督が、いきなり采配で魅了した。石井が中前打で出た5回1死一塁。この場面でビックボスが仕掛けた。打席に入った投手・加藤の初球にヒットエンドランのサイン。打球は犠打を警戒していた相手守備陣の三遊間をきれいに突破し、1死一、二塁に好機を広げた。
 指名打者制がなくなる交流戦を前にしても、ビッグボスは「(現役時代に)セ・リーグでやっていたようなことをやればいいんでしょ? それを思い出してっていうか、頭に入っているから。あとは俺の当たるか、当たらないかの問題であって」と泰然自若。「ピッチャーも楽しんで打席に入ってくれたらいいですよ。打てなくて当然ですから。バッターみたいに打ちに行くことはなく、来たボールをトンとするバッティングしかできないから。それで三遊間とか、ショートの頭にフラフラフラーっていう打球を打ってくれたらもう最高っすね」と話していたが、その期待に加藤が見事に応えた。
 ここから1死満塁とし、松本剛の左犠飛で1点を先制。まずは優位に試合を進めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ