本文へ移動

勝野昌慶「育児は大変」分担で実感、妻に感謝

2020年4月29日 10時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックスとの練習試合に先発し、5イニングを無得点に抑えた勝野=3月26日、ナゴヤ球場で

オリックスとの練習試合に先発し、5イニングを無得点に抑えた勝野=3月26日、ナゴヤ球場で

  • オリックスとの練習試合に先発し、5イニングを無得点に抑えた勝野=3月26日、ナゴヤ球場で
  • 回表を三者凡退に抑えた勝野を見て喜ぶ父・幸水さんと母・早紀さん=2019年5月17日、ナゴヤドームで

竜戦士のfor the family

 中日の勝野昌慶投手(22)が28日、ナゴヤ球場での自主練習後に電話での代表取材に応じ、子育てに奮闘する妻への感謝を語った。
 150キロ超えの直球を投げ込む豪腕右腕も、家に帰れば1歳と昨年12月に生まれたばかりの2人の娘を持つ父親。最近は長女が「パパ、パパ」と話すようになった。「かわいいですね。何にでもパパって言うんですけど、(父親と)認識していると思って僕は接しています」と思わず笑みがこぼれる。
 新型コロナウイルス禍で外出禁止となり、子どもとの時間が増加。家にいる時には妻の希さんと育児を分担し、入浴や寝かしつけることを手伝う。最近は慣れないおむつ交換にも挑戦中。育児に携わる中で「奥さんは普段は一人でみている。そう考えるとすごい」と2児の母でもある妻への感謝を痛感している。
 母の日には、母の早紀さんにLINEでメッセージを送っている。「ずっと野球をやらせてもらって、ここまでこられた。社会人になっても試合の応援に来てくれていた」と感謝を口にする。
 この日は中日屋内練習場でキャッチボールやハードルジャンプなどに取り組み「けがをしないように管理をしながら、いいパフォーマンスを続けられるようにやっていこうと思います」と意気込んだ。支えてくれる家族のためにも、プロ2年目の飛躍につなげる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ