本文へ移動

岡本和真が不振を振り払うかのような会心の一発 10戦ぶりの一発となる先制13号2ラン【巨人】

2022年5月24日 19時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏無死一塁、岡本和が中越えに先制2ランを放つ

4回裏無死一塁、岡本和が中越えに先制2ランを放つ

◇24日 交流戦 巨人―オリックス(東京ドーム)
 巨人の岡本和真内野手が10試合ぶりの一発となる先制の13号2ランをオリックスの先発・山岡から放った。
 4回無死一塁で打席に入った岡本和は山岡の初球をフルスイング。高々と放物線を描いた打球はバックスクリーンに着弾した。岡本和は5月に入ってからこの試合が始まるまで63打数12安打の打率1割9分、2本塁打6打点と苦しんでいたが、不振を振り払うかのような会心の一発となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ