本文へ移動

PL学園の恩師・中村順司さん、立浪和義監督の「73」を着て始球式 ワンバウンドに「あー」【中日】

2022年5月24日 18時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
始球式で投球する中村順司さん

始球式で投球する中村順司さん

◇24日 交流戦 中日―西武(バンテリンドームナゴヤ)
 元大阪・PL学園高硬式野球部監督の中村順司さん(75)が始球式を務めた。
 甲子園で春夏通算16度の出場を果たし、6度の優勝に導いた中村さんは、教え子である中日の立浪和義監督の背番号「73」のユニホームを着用し登場。投球がワンバウンドになると思わず悔しそうに「あー」と声を上げた。
 「初めての始球式で、すごく緊張しました。(立浪監督の)73のユニホームで投げることはすごく重いです」とコメント。さらに「いろいろ悩んでいると思うが、この交流戦で上昇してほしいです」とエールを送った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ