本文へ移動

【高校野球】バックネット裏から見守った小島弘務コーチ 教え子の浜松開誠館・静内を称賛

2022年5月24日 18時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
バックネット裏から見守る浜松開誠館の小島弘務コーチ

バックネット裏から見守る浜松開誠館の小島弘務コーチ

◇24日 高校野球 春季東海大会決勝 浜松開誠館7―2岐阜第一(愛知・小牧市民球場、中日新聞社後援)
 浜松開誠館(静岡1位)に4月から就任した元中日投手の小島弘務コーチ(54)はバックネット裏から同校の優勝を見守った。同じく元中日の古池拓一コーチ(51)とともに指導する先発・静内の投球を「本格的に投手をやっていない中であれだけの投球ができる。ポテンシャルが高い」と称賛した。夏に向けて「柔らかさが出てればもっとボールは速くなる」と期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ