本文へ移動

【J1名古屋】前節から使用のW杯カタール大会公式球アルリフラに「若干軽いと表現する選手も」と長谷川健太監督

2022年5月24日 12時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
グランパス・長谷川健太監督

グランパス・長谷川健太監督

 名古屋グランパスの長谷川健太監督が24日、福岡戦(豊田スタジアム)の前日会見で意気込みを語った。前節から公式球が年末のW杯カタール大会のボール「アルリフラ」となり、「若干軽いと表現する選手もいる」と感触を語った。
 2010年の南アフリカ大会の公式球「ジャブラニ」が採用された当時は、世界的に無回転シュートが猛威をふるった。長谷川監督は「(アルリフラも)もしかしたら無回転を蹴りやすいのかもしれないが、ジャブラニはツルツルだったので。どこに行くか分からないような感じだった。今のボールは刻みというか凸凹があるので、変な無回転にはならないのでは」と予測した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ