本文へ移動

雪室で茶葉を貯蔵、熟成 勝山で福井大と三国屋が協力

2022年5月24日 05時05分 (5月24日 14時42分更新)
雪室に貯蔵する茶葉を確認する寺崎さん(右)と上村社長=勝山市平泉寺町岡横江の雪室で

雪室に貯蔵する茶葉を確認する寺崎さん(右)と上村社長=勝山市平泉寺町岡横江の雪室で

 雪を倉庫に貯蔵して農産物などを保存する勝山市の「雪室」の推進会議で研究を行っている福井大は、茶の製造販売を行う三国屋(坂井市)と協力して、茶葉を貯蔵する取り組みを本格的に始めた。雪室研究を進めると同時に、新たな商品開発にもつなげていく。同社では「雪室熟成をパッケージにして、県内外にPRしたい」としている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧