本文へ移動

日米、対中で同盟強化 首脳会談、バイデン氏「台湾有事に関与」 

2022年5月24日 05時05分 (5月24日 05時05分更新)
首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領=23日、東京・元赤坂の迎賓館で(代表撮影)

首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領=23日、東京・元赤坂の迎賓館で(代表撮影)

  • 首脳会談で握手する岸田首相(右)とバイデン米大統領=23日、東京・元赤坂の迎賓館で(代表撮影)
 岸田文雄首相は二十三日、バイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。軍事力を急拡大している中国を念頭に、米国が核兵器と通常戦力で日本防衛に関与する「拡大抑止」確保へ閣僚を含め緊密に協議することで一致し、同盟強化を図った。バイデン氏は共同記者会見で、中国が台湾を攻撃した場合の軍事的関与を明言。首相は防衛費の「相当な増額」への決意を伝達した。両首脳は共同声明を発表し、ロシアのウクライナ侵攻を残虐で不当な侵略だと非難した。
 プーチン・ロシア大統領による核の威嚇を踏まえ、日米が結束して中ロの核や通常兵器の脅威に対抗する方針を表明。東アジアで力による現状変更を断じて許容しない考えを強調した。北朝鮮の核・ミサイル開発も念頭に置いた。
 両首脳は、ロシアによる残虐行為の責任を追及する必要性を確認。最近の中国海軍の活動や中ロ両国の共同軍事演習などの動向を注視するとした上で、東・南シナ海での現状変更の試みに強く反対し「自由で開かれたインド太平洋」の実現に取り組むとした。
 声明で中国に対し、ロシアの行動を明確に非難するよう要求。中国の核戦力増強を指摘し、透明性向上と核軍縮進展への貢献も求めた。
 台湾...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

政治の新着

記事一覧