本文へ移動

世界王者・京口紘人、会場変更で高地合宿中止にも動じず「日本で調整できるのでプラス」【ボクシング】

2022年5月23日 20時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
京口紘人(ワタナベジム提供)

京口紘人(ワタナベジム提供)

 ボクシングWBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(28)=ワタナベ=が23日、メキシコ・グアダラハラで6月10日に行われるWBA同級レギュラー王者エステバン・ベルムデス(26)=メキシコ=との団体内統一戦を前にオンラインで取材に応じた。18日に開催地が標高約2200メートルのメキシコ市から同1500メートルのグアダラハラに変更されたため、当初予定していた早めにメキシコ入りしての高地順応合宿をキャンセルするなど予定変更になっているが「焦りや不安はない。日本で調整できるのでプラスです」と、動じなかった。
 挑戦者ベルムデスはメキシコ市近郊の出身。開催地変更は京口の契約するレイノソ・プロモーターが高地の影響などに配慮して実現させたものだという。ただ、京口は「メキシコでメキシカンと試合することは変わらない。環境は向こうにアドバンテージがあるが、能力は僕の方が上回っていると思う。しっかり自分のボクシングができれば」と、気を引き締めた。高地対策ではじめた低酸素トレーニングも継続中で、日本で完ぺきに仕上げて敵地に乗り込むつもりだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ