本文へ移動

坂東玉三郎、「六月大歌舞伎」で共演する喜多村緑郎、河合雪之丞が緊張しているのに「気楽にやって」

2022年5月23日 20時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「六月大歌舞伎」取材会に出席した(左から)河合雪之丞、坂東玉三郎、喜多村緑郎=東京都内で

「六月大歌舞伎」取材会に出席した(左から)河合雪之丞、坂東玉三郎、喜多村緑郎=東京都内で

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(72)が23日、東京都内で歌舞伎座「六月大歌舞伎」第三部で出演する「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の取材会に劇団新派の喜多村緑郎(53)、河合雪之丞(51)と出席した。
 原作は有吉佐和子さんが文学座の杉村春子さんのために書き下ろしたもので、芸者・お園役を玉三郎が受け継ぎ上演を重ねてきた。横浜に実在した遊郭「岩亀楼」に生きる人々が時代の波に翻弄(ほんろう)される人間ドラマで、歌舞伎座では15年ぶりの上演。緑郎は8年ぶり、雪之丞は6年ぶりの歌舞伎座出演となる。
 緊張した面持ちの2人に玉三郎は「気楽にやってもらいたい。昔から一緒だし、私には特別感があまりない」と優しく声を掛けた。6月2~27日に歌舞伎座で公演。同9日と20日は休演。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ