本文へ移動

『全米OP最終予選』石川遼は最下位…今平、大槻ら11選手が途中棄権

2022年5月23日 19時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石川遼

石川遼

 全米オープン(6月16日開幕、マサチューセッツ州ザ・カントリークラブ)の最終予選は23日、千葉県のカレドニアンGC(パー72)でプロ27人、アマチュア1人による36ホールで争われ、出水田大二郎(トス)、杉山知靖(中央日本土地建物グループ)、トッド・シノット(オーストラリア)の3人がともにメジャー初出場を決めた。
 2週連続優勝した今平周吾(ダイヤ)や大槻智春(真清創設)ら11選手が途中棄権。3年連続7度目の出場を目指した石川遼(カシオ)は36ホールを回ったが、最下位の16位に終わった

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ