本文へ移動

「相手がどこというのは関係ない」交流戦初先発の松葉貴大、26日西武戦は平常心で挑む【中日】

2022年5月23日 18時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールする松葉

キャッチボールする松葉

 中日の松葉貴大投手は26日の西武戦(バンテリンドームナゴヤ)での先発が予想される。2019年途中の中日移籍後、交流戦での先発は初めてとなる左腕は「相手がどこというのは、自分の中であまり関係ない」と平常心を強調した。前回登板の18日DeNA戦では、今季初被弾など4イニング5失点。「長打を打たれないのが自分の持ち味」と気合を入れ直し、ナゴヤ球場では低めを意識してブルペンで55球を投じた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ