本文へ移動

【MLB】大谷翔平&トラウトのアベック弾に先発左腕は感激も…”ボールを渡しての交代”に悔しさにじませる

2022年5月23日 13時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
150本塁打を放った大谷翔平(AP)

150本塁打を放った大谷翔平(AP)

◇22日(日本時間23日) 大リーグ エンゼルス4-アスレチックス1(アナハイム)
 ホームで好投したエンゼルスの先発左腕パトリック・サンドバル投手(25)が、大谷とトラウトの一発攻勢に「2人がうまく絡んで本塁打。素晴らしいね」とたたえた。
 自身は8回途中を4安打1失点で今季3勝目。ただ、8回を投げ切れなかった悔しさからか、ベンチに戻るとグラブをたたきつけ、「ボールを渡して交代したいと思ったことは1度もない」と負けん気をにじませた。
 マドン監督は防御率1点台を誇る左腕の安定したパフォーマンスを称賛し、「今回の投球が彼の普通になってきている」と目を細めた。
 大谷は1回に先頭打者弾の9号ソロ、トラウトは7回に12号ソロを放ち、今季2度目、通算16度目のアベックアーチを披露した。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ