本文へ移動

【インディ500】佐藤琢磨は10番グリッド「決勝は別物、集団ではいい走りができる」3度目制覇へ前向きコメント

2022年5月23日 10時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10番グリッドを獲得した佐藤琢磨(AP)

10番グリッドを獲得した佐藤琢磨(AP)

 第106回インディ500の予選が21、22日の2日間にわたって米インディアナポリスで開催され、大会通算3勝目を狙うデイルコインの佐藤琢磨(45)は10番グリッドを獲得した。
 予選初日に12番手につけ、上位12台による予選第1ラウンドに進出。ポールポジションを争う最終予選「ファストシックス」には進めなかったが、29日の決勝へ向けて好位置につけた。決勝出走は33台。
 「トップ10は素晴らしいが、正直に話すとちょっとタフな1日になった。金曜日の走行の時点では車の調子が非常に良かったから。決勝は別物だし、集団での走行ではいい走りができると思う」と前向きにコメントした。インディ500は13年連続13度目の出場で2017年、20年に優勝を果たしている。
 ポールポジションはチップガナシのスコット・ディクソン(ニュージーランド)が2年連続で獲得した。通算は5度目。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ