本文へ移動

<食卓ものがたり>深みある味で町おこし 各務原キムチ(岐阜県各務原市)

2022年5月23日 10時18分 (5月23日 11時02分更新)

ヤンニョムをハクサイに塗り込む吉田佳弘さん=岐阜県各務原市で

日本でもすっかり定着した韓国の国民食、キムチ。「作り方ってあまり知らないでしょう?」。岐阜県各務原(かかみがはら)市の焼き肉店「大翔」の大将、吉田佳弘さん(64)が見せてくれたのは、多種多様な材料だ。
 大量の真っ赤な唐辛子にニンジンやダイコン、ネギ、タマネギ、オキアミの塩辛、果物のピューレ、ショウガ、ニンニクなどがずらり。それにイワシと昆布のだしを加えて混ぜると、おけの中は鮮やかなオレンジ色に染まり、おなじみのキムチの香りがふんわりと漂った。深みのある味を生み出すキムチペースト、ヤンニョムの完成だ。
 塩漬けして水を抜いたハクサイにヤンニョムを塗ったら、並べて寝かせる。今の季節なら常温で一日、さらに冷蔵庫で二、三日置けば食べられる。「うちのキムチは自然の素材を使っている。肉の邪魔をしないよう、優しい味付けです」と吉田さんは目を細める。
 同市は二〇〇三年、大ヒットドラマ「冬のソナタ」の舞台となった韓国・春川(チュンチョン)市との姉妹都市交流をスタート。翌年の関連イベントには、多くの人が訪れた。その勢いを食べ物を通じた町おこしに生かそうと考えたのが、キムチ作りだ。
 市や飲食店、加工業者、栄養...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報