本文へ移動

【MLB】大谷翔平が日米通算150本塁打 中越えに先頭打者特大弾に現地実況も「バイバイ」 ツイッターでもトレンド入り

2022年5月23日 07時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回に日米通算150本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平(AP)

1回に日米通算150本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平(AP)

◇22日(日本時間23日) 大リーグ エンゼルス―アスレチックス(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は、アスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。1回に先頭打者弾となる9号ソロを放ち、日米通算150号本塁打を達成した。
 相手先発左腕のアービンが2球目に投じたカーブを完璧に捉え、中越えに今季9号アーチを運んだ。本塁打は6試合ぶりで推定飛距離は135メートル。396フィート(約120・7メートル)と表示された中堅フェンスの奥に突き刺さり、現地放送の実況も「396の当たり。バイバイ」と先制弾を表現した。
 大谷は日本ハム時代の5年間に48本塁打を記録。プロ初本塁打は2013年7月10日の楽天戦(Kスタ宮城)で、5月14日(同15日)のアスレチックスとのダブルヘッダー第2試合で松井秀喜、イチローに続く日本人3人目のメジャー通算100号を記録した。
 ツイッターでも「日米通算150号」がトレンド入りした。
(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ