本文へ移動

【中日2軍】石川昂、1軍復帰へ準備完了!安打出た四球も取れた「ボールの見え方は良くなっています」

2022年5月23日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日―ソフトバンク 2回裏無死二塁、石川昂が左前打を放つ

中日―ソフトバンク 2回裏無死二塁、石川昂が左前打を放つ

◇22日 中日1ー7ソフトバンク(ナゴヤ球場)
 新型コロナウイルス陽性から実戦復帰3試合目の出場となった中日の石川昂弥内野手(20)が22日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(ナゴヤ)で復帰後初安打を放った。この日は「6番・三塁」で先発出場し、攻守で手応えをつかんだ。試合は中日が1―7で敗れた。
   ◇
 1軍復帰へ準備完了だ。2試合連続で先発出場した石川昂が第1打席で復帰後初安打を放った。2回無死二塁。ソフトバンクの先発右腕・高橋礼のカウント2―2からの外角低めの115キロ変化球をうまく拾って左前へ運んだ。「1本出たのはよかったです」。その後は右飛、四球、遊ゴロで安打は出なかったものの「フォアボールを取れたのもよかったですし、ボールの見え方は良くなってきています」と好感触をつかんだ。
 三塁守備も「今日は何も心配なくできました」と問題なし。「2試合フルイニングで出させてもらいました。こっち(2軍)でできることはやれたかなと思います」。20日に実戦復帰してから、充実の日々を送った。
 片岡2軍監督は「ヒットが出たし、(石川昂、鵜飼ともに)2日間けがなく出られたのが一番の収穫。(1軍で)起爆剤のような存在になってほしいです」と話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ