本文へ移動

潤よ よく頑張った 小松高OBら 元雄さんしのぶ

2022年5月23日 05時05分 (5月23日 10時17分更新)

故元雄潤さんと高校時代共に汗を流し、会場で献球する小松高野球部OBら=小松市日の出町で

甲子園初出場に導いたエース

 小松高が一九八六年、創立初の夏の甲子園に出場した時のエースで、今年三月に五十三歳で亡くなった元雄(もとお)潤さんをしのぶ会が二十二日、小松市内のホテルで開かれた。高校時代、共に汗を流した野球部OBや当時の監督、親族ら約六十人が県内外から集まり、真っすぐな人柄を懐かしんだ。 (久我玲)
 元雄さんは同高三年時、伸びのある直球とスライダーを武器に、県大会決勝で県立工を破り、小松高を初の甲子園出場に導いた。甲子園では、強豪高知商と対戦し、延長の末、3−4で敗れたが、地元を大いに沸かせた。立教大へ進み、東京六大学野球では投手として活躍。外資系会社や金融機関で働きながら、東京六大学野球連盟や甲子園の審判員を務めるなど、今年三月二十七日、がんのため息を引き取るまで、野球一筋の人生だった。

会場に飾られた、当時2年生で県大会のマウンドに立つ元雄さんの写真と甲子園出場時に着たユニフォーム=小松市日の出町で

 会は元雄さんを笑顔で送ってあげようと、当時の監督石田洋二さん(77)や同校野球部OB会長らが企画。会場には当時のユニホームや県大会優勝を伝える新聞記事、写真が飾られ、功績を振り返るスライドショーが流された。黙とう後、石田さんが「潤!よく頑張ってくれた。ありがとう」と声を張り上げ、硬式球を「献球」し、参列者が後に続いた。
 元雄さんと同期で主将だった南寿樹さん(53)は「功績は輝きを失うことはない。元雄潤という仲間を持てたことをうれしく誇りに思う」と涙を浮かべ別れの言葉。一つ上の先輩で一番長く球を受けてきた捕手の田上好裕さん(54)は「球は本当にすごかった。痛かったなあ」と当時を懐かしんでいた。現監督の吉田卓也さん(42)は「いつも野球部の後輩を気に掛けてくれた。今年のチームは期待できる。三度目の甲子園出場で元雄さんに恩返ししたい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報