本文へ移動

【中日】岡林勇希が3戦連続安打 今カード大当たり打率4割5分5厘「がむしゃらなプレーを」

2022年5月22日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回表2死、岡林が右前打を放つ。投手アンダーソン、捕手会沢

3回表2死、岡林が右前打を放つ。投手アンダーソン、捕手会沢

◇22日 広島1―0中日(マツダ)
 8試合連続スタメンとなった中日・岡林勇希外野手は、3試合連続安打となる右前打を放った。
 3回2死の第2打席。フルカウントから広島先発・アンダーソンの内角スライダーを捉えた。これで今カードは11打数5安打1打点で打率4割5分5厘と大当たり。一時は12打席無安打など不振も経験し、打率は2割2分台まで落ち込んだが、2割5分6厘まで上げた。
 大島不在の期間は中堅としてもチームの穴を埋めた。「がむしゃらなプレーを一試合一試合やっていきたいと思います」。立浪竜期待の20歳が希望の光となる。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ