本文へ移動

映画「バッテリー」から15年…林遣都&仲野太賀がW主演 7月スタート「初恋の悪魔」でミステリーに挑む

2022年5月23日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマ「初恋の悪魔」でW主演する林遣都(左)と仲野太賀

ドラマ「初恋の悪魔」でW主演する林遣都(左)と仲野太賀

 俳優の林遣都(31)と仲野太賀(29)が、日本テレビ系で7月スタートするドラマ「初恋の悪魔」(土曜午後10時)でW主演する。映画「バッテリー」で同じ中学野球部のエースとショートを演じてから15年、今度は警察署を舞台に、停職中の刑事とやる気のない総務課職員として、謎と恋とミステリーに挑む。恋愛ドラマの達人、坂元裕二さん(55)のオリジナル脚本だ。
 「バッテリー」で林はデビュー作で主役。仲野は2作目だが、文字通りマウンドの林を見上げるポジションにいた。「僕にとっては本当に感慨深い。遣都くんが主演の作品に出させてもらったのが出会いだったので、こうやって主演でやらせてもらえる時がきたのは光栄ですし、勝手に誇らしい気持ちになっています」と仲野。実際に友人になった林は「プライベートではちょこちょこ会っていたんですけど、一緒に仕事するのは久々なので、ものすごくワクワクしてます」と目を輝かせる。
 ここまで着実に役者としてのキャリアを積み重ねてきた仲野にとって、林は今もまぶしい存在で「そのあと『火花』『おっさんずラブ』があって『いつまで売れ続けるんだろうな、この人』っていう感じ」。かつて直接言われたという林は「ずっと悔しい思いもありながら、なにくそ!と思ってやってきたところがあるので、太賀がそんな風に見ていてくれていたんだと知って、彼が帰った後、一人、部屋でじんわりしちゃいましたね」と笑う。
 今作で林が演じる鹿浜鈴之介(しかはま・すずのすけ)は推理マニアで凶悪犯罪オタク、県警捜査一課から所轄へトバされ、しかも大失敗を演じて停職中という設定。坂元さんのあて書きと聞き「見抜かれている」。仲野は楽に生きるのが一番という警察署の裏方、馬淵悠日(まぶち・はるひ)役。それがある日、監察官のように鹿浜を見張るよう密命を受けて人生が一変する。「坂元さんの描く人間は熱いので、とても楽しみ」
 撮影はこれから。林は「一生懸命、真面目に」そして仲野と「楽しんでいきたい」と声をそろえた。
     ◇
 停職刑事(林)に総務課(仲野)、そして生活安全課の摘木星砂(つみき・せすな)に会計課の小鳥琉夏(ことり・るか)という「捜査権」のない男女4人が集まり、それぞれこじれた事情を抱えながら難事件を解明していく。もちろん「東京ラブストーリー」(1991年)、「Mоther」(2010年)、「Wоman」(13年)というヒット作を連発する坂元さんの脚本は、恋も友情も満載、しかもコメディーだ。
 2人の恋の相手(?)となる摘木、小鳥役などは近く発表される。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ