本文へ移動

【F1】角田裕毅は粘り腰の10位で今季3度目入賞 フェルスタッペンが3連勝でポイントリーダー奪取[第6戦スペインGP決勝]

2022年5月22日 23時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファタウリの角田裕毅(AP)

アルファタウリの角田裕毅(AP)

◇22日 F1第6戦スペインGP(カタルーニャサーキット)
 F1第6戦スペインGPは22日、決勝が行われ、アルファタウリの角田裕毅(22)が10位でゴールし、2戦ぶり今季3度目の入賞を果たした。
 13番グリッドからスタートし、一時は8番手まで浮上。チームメートのピエール・ガスリー(フランス)よりも常に前で中団争いを演じた。終盤ではハースのミック・シューマッハー(ドイツ)を追い抜いた。
 優勝はレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が3連勝で飾り、今季4勝目。途中でDRS(可変ウイング)の不具合を抱えながら他車よりも早めにタイヤ交換する戦略で走り抜き、ドライバーズタイトル争いでランキングトップの座を奪った。
 チームメートのセルジオ・ペレス(メキシコ)も2位に食い込み、レッドブルが今季2度目のワンツーフィニッシュを決めた。製造者争いでもフェラーリを抜いてランキングトップに立った。
 3位はメルセデスのジョージ・ラッセル(英国)。ルイス・ハミルトン(英国)は1周目に他車と接触して順位を下げたものの、5位まで追い上げた。
 フェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)はポールポジションからレースをリードしたが、27周目にマシントラブルが発生し、リタイアを喫した。
◆F1第6戦スペインGP決勝暫定結果
1・マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2・セルジオ・ペレス(レッドブル)
3・ジョージ・ラッセル(メルセデス)
4・カルロス・サインツ(フェラーリ)
5・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6・バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
7・エステバン・オコン(アルピーヌ)
8・ランド・ノリス(マクラーレン)
9・フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
10・角田裕毅(アルファタウリ)
11・セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
12・ダニエル・リカルド(マクラーレン)
13・ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
14・ミック・シューマッハー(ハース)
15・ランス・ストロール(アストンマーティン)
16・ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
17・ケビン・マグヌッセン(ハース)
18・アレクサンダー・アルボン(ウィリアムズ)
リタイア・周冠宇(アルファロメオ)
リタイア・シャルル・ルクレール(フェラーリ)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ