本文へ移動

【オリックス】宮城が6イニング1失点で今季3勝目 チームは今季2度目の同一カード3連勝

2022年5月22日 17時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・宮城

オリックス・宮城

◇22日 楽天1―6オリックス(楽天生命パーク宮城)
 オリックス先発の宮城大弥投手(20)は6イニング5安打1失点、4奪三振で今季3勝目を挙げた。チームは今季2度目の同一カード3連勝となった。
 「少し力みすぎてしまった部分もあったし、自分から苦しい展開にしたところがあったと思う。特に6回のところは、逆球でヒットを打たれたり、進塁打を許してしまったりいうのは反省しないといけない」
 6回は先頭の辰己に左前打、西川の一ゴロで1死二塁となり、浅村に中前適時打を浴びた。結果的に単打2本で得点を許したことを反省した。だが、続く島内を遊ゴロ併殺打に打ち取って切り抜けた。
 宮城はこれで3連勝。「先発としてもう1、2イニング長く投げたいですし、しっかりと投げられるようなピッチングを目指していきたいです」と先発の責任を果たしていくことを誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ