本文へ移動

JRA最年長ジョッキー柴田善臣が5カ月ぶりに実戦復帰 「周りも見えていたし意外と大丈夫だった」

2022年5月22日 16時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
柴田善臣

柴田善臣

 頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアのため昨年12月4日の騎乗以来、休養していたJRA最年長ジョッキーの柴田善臣騎手(55)=美浦・フリー=が22日、東京競馬3Rでアメイジングアイルに騎乗して5カ月ぶりに実戦復帰した。中団から直線で伸びず12着に敗れたものの、「大丈夫だったね。力が入らない部分も心配しながらだったけど、周りも見えていたし意外と大丈夫だった。徐々に体を戻しながら、騎乗依頼があればいいな」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ