本文へ移動

【中日】柳裕也7イニング3分の1を1失点で降板 6回に堂林に痛恨の先制本塁打を許す

2022年5月22日 16時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発し、広島打線相手に力投する柳

先発し、広島打線相手に力投する柳

◇22日 広島―中日(マツダ)
 中日の先発右腕・柳裕也投手は7イニング3分の1を投げて3安打1失点でリードされたまま降板。今季5勝目をつかむことはできなかった。
 序盤から快調にアウトを重ね、4回2死まで1人の走者を許さない完全投球を披露。5回1死で小園に初安打となる内野安打を打たれたが、後続を打ち取り、危なげない投球で5回まで無失点で切り抜けた。
 しかし6回に先頭の代打・堂林に2球目を左翼席に運ばれ、痛恨の先制本塁打を許した。広島戦では今季22イニング目での初失点だった。
 8回1死三塁のところで2番手・ロドリゲスにマウンドを譲った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ