本文へ移動

【オリックス】代役4番・中川圭太が先制2点二塁打、2打席連続で楽天エース則本打ちで大暴れ

2022年5月22日 15時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・中川圭太

オリックス・中川圭太

◇22日 楽天―オリックス(楽天生命パーク宮城)
 オリックスの代役4番・中川圭太内野手(26)が先制打を放った。初回の1死二、三塁。カウント1―1から則本が投じたフォークを捉え、左翼へ2点二塁打を運んだ。
 「打ったのはフォークだと思います。チャンスの場面でしたし、とにかく思い切っていくことだけ考えていたので、それが良い結果につながってくれて良かったです」
 主砲の吉田正を故障で欠くなか、今回の楽天3連戦から4番を務めている。20日のカード初戦こそ無安打に終わったが、前日の21日は今季初の猛打賞で1打点と気を吐いている。
 中押しも中川圭だ。3回の1死一、三塁。則本から2打席連続となる適時打を左前にはじき返した。
 「打ったのはフォークだと思います。とにかく無心で自分のスイングをすることだけ考えて打席に入っていましたし、追加点のタイムリーになってくれて良かったです」
 チームにとって今季2度目の同一カード3連勝へ。スタメン出場した最近10試合は40打数9安打(打率は2割2分5厘)ながら、7打点。活躍している中川圭がけん引する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ