本文へ移動

【MLB】文字通り現役最強打者!トラウト、メジャー史上初「30歳シーズンで1000得点、200盗塁、OPS1.000以上」

2022年5月22日 14時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自身1000得点目のホームを踏むトラウト(右)=AP

自身1000得点目のホームを踏むトラウト(右)=AP

◇21日(日本時間22日) MLB エンゼルス5―3アスレチックス(アナハイム)
 エンゼルスのマイク・トラウト外野手(30)は6回にチーム3点目のホームを踏み、球団2人目の通算1000得点を達成した。大谷翔平選手(27)は指名打者で4打数2安打、1得点。チームは今季最長の連敗を4で止めた。
 米スポーツサイトのジ・アスレチックによれば「30歳シーズンで1000得点、200盗塁、OPS(出塁率+長打率)1・000以上」は、メジャー史上初。
 また、球団発表などによれば「30歳シーズンまでに300発、1000得点、200盗塁」は、ウィリー・メイズ(元ジャイアンツ)、アレックス・ロドリゲス(元ヤンキース)に次ぐメジャー史上3人目の快挙だった。「30歳シーズンまでに」との条件を外したキャリア全体でならば、24人目の達成。また、エンゼルス選手の大台は、通算1024得点は球団記録のギャレット・アンダーソンに次ぐ2人目。 
 さらに、メジャー1325試合目でのマイルストーンは、直近60年間で5番目のスピード達成だった。同最速は、リッキー・ヘンダーソン(元アスレチックス)の1252試合。
 大リーグ公式データサイトのベースボール・レファレンスによれば、通算1000得点自体は歴代344人目で、最多はリッキー・ヘンダーソンの2295得点。また、現役では8人目で、同トップはアルバート・プホルス(カージナルス)の1881得点で、歴代では14位。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ