本文へ移動

【MLB】お見事!大谷翔平、左前に流し打ち 5試合ぶり今季12度目のマルチ安打をマーク

2022年5月22日 12時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇21日(日本時間22日) 大リーグ エンゼルス-アスレチックス(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)がアスレチックス戦に「1番・DH」で出場。1回の第1打席で三塁への内野安打を放つと、6回の第3打席でも左前に見事の流し打ちを決め、5試合ぶり今季12度目のマルチ安打をマークした。
 6回は3番手のコラレックの低めへのシンカーを鋭く振り抜いて左前に打球を運んだ。1回は三塁前へのボテボテの当たりながらも内野安打を放ち、3回の第2打席は一塁ゴロだった。
 1番に入ったのは4月24日以来、約1カ月ぶり。前日、1番を務めたウォードが守備でフェンスに激突して負傷交代。この日のスタメンを外れたことから大谷が起用された。
 大谷はここまで40試合に出場し、161打数40安打、打率2割4分8厘、8本塁打、27打点の成績だ。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ