本文へ移動

中日・根尾のプロ初登板、工藤公康さんは支持、上原浩治さんは現時点での二刀流に疑問符

2022年5月22日 09時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島―中日 8回に登板し、1イニング無得点に抑えた根尾=21日

広島―中日 8回に登板し、1イニング無得点に抑えた根尾=21日

 ソフトバンクで昨季まで監督を務めた元投手の工藤公康さんが22日、TBS系の情報番組「サンデーモーニング」にスタジオから出演。中日の根尾昂外野手が21日の広島戦でプロ初登板を果たした話題に触れ、立浪監督が起用を決めたことを支持した。
 「2軍でも投げていたことを考えれば、立浪監督は根尾君のいろいろな可能性を引き出すために登板させたのでないかと思いますね」と解説し、「二刀流で(エンゼルスの)大谷君もやっているように日本人が(日本で)二刀流というのもあってもいいのかな。彼はバッティングもいいし、昨日(21日)、150キロを投げているのを考えれば、その可能性を大いに引き出すのはアリかなと思う」とした。
 一方、〝御意見番〟としてレギュラー出演する元投手の上原浩治さんもリモート出演し、「投手としての根尾君というよりも野手の中での根尾選手ですよね。他の投手を休ませるためにというところ。点差が開いているときしか使うことはないのではないか」と私見を述べ、「投手として鍛えるなら2年、3年必要。すぐに投手というのは厳しい」と積極的な二刀流起用は現時点では難しいとの見解も示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ