本文へ移動

【中日】根尾『4番ピッチャー』1軍無失点デビュー、最速150キロ15球!オール直球で小園斬り!

2022年5月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島―中日 8回に登板し、1イニング無得点に抑えた根尾

広島―中日 8回に登板し、1イニング無得点に抑えた根尾

◇21日 広島10―1中日(マツダスタジアム)
 中日の根尾昂外野手(22)が21日、広島戦(マツダ)の8回に1軍初登板を果たした。途中出場で1イニングを投げ、15球で1安打無失点。チームは1―10で大敗し、2試合連続2桁失点で今季初の4連敗を喫したが、覚醒が期待される4年目は起用法の幅が広がった。次はバットでチームに貢献する番だ。
 やまないざわめきの中、西日で照らされたマウンドから根尾がチームのために冷静に、そして力強く右腕を振った。1軍での投手デビュー。8回の1イニングを1安打無失点で役割を果たした。2年目にプロ初安打を放った地で、最速150キロの15球で4年目の新たな一歩。「素直に、抑えられてうれしいです」とコメントした。
 序盤で9点を追いかける展開になり、広島の先発・森下の前に打線はゼロ行進だった。2戦連続ベンチスタートで戦況を見つめる中、立浪監督から声を掛けられた。「4回裏が終わって、監督から(登板について)言われました。どんどんストライクを取っていこうと思いました」
 5回の攻撃中にベンチ裏へ。6回から肩をつくり始め、「投手・根尾」のスイッチを入れた。勝ちパターンの投手しか残っていない8回に登板。「Neo7」と刻まれた真新しい投手用の赤いグラブを着け、一礼してマウンドに駆け出した。
 先頭の坂倉への初球は、いきなりこの日の最速の150キロ。続く2球目は右前打を許した。内野陣からの声にうなずく。慌てない。次に迎えたのは、大阪桐蔭高3年で選出されたU18日本代表のチームメートだった兵庫・報徳学園高出身の小園。オール直球で右飛に仕留めた。「相手がというより、アウトが取れて良かったです」。勢いに乗って磯村、中村健も打ち取った。
 大阪桐蔭高3年時は2018年のセンバツV投手。すでに2軍ではプロのマウンドを経験済みだった。遊撃手でスタメン出場した8日のウエスタン・リーグの阪神戦(甲子園)で9回に登板。打者5人に20球を投げ、2/3イニングで3安打1失点だった。
 この日、喜びのアクションは控えめだった。捕手の石橋と小さくグータッチを交わすと、駆け足でベンチへ。すぐさま9回の攻撃では先頭で「4番ピッチャー根尾」のアナウンスを背に打席へ向かった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ