本文へ移動

実戦復帰の鵜飼が猛打賞&2打点大暴れ「100%に近い状態です」交流戦での復帰目指す【中日2軍】

2022年5月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日―ソフトバンク 1回裏2死二、三塁、鵜飼が左前2点打を放つ

中日―ソフトバンク 1回裏2死二、三塁、鵜飼が左前2点打を放つ

 新型コロナウイルス陽性から復帰した中日の鵜飼航丞外野手(22)が21日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(ナゴヤ)に「6番・指名打者」で先発出場し、実戦復帰を果たした。復帰後の初打席で適時打を放つなど3安打2打点の大活躍。試合は中日が中盤に逆転され、3ー4で敗れた。

 約2週間ぶりの実戦でブランクを感じさせないスイングを見せた。復帰即スタメンの鵜飼が3安打2打点と大暴れ。「100%に近い状態です」と1軍復帰へ準備は万全だ。
 復帰後の初打席でしっかり結果を残した。1回に1点を先制した後、2死二、三塁で打席が回ってきた。「来たボールを振ろうと思っていました」。ソフトバンクの先発左腕・中道の2球目の変化球を捉え、左前に落ちる2点適時打。7回は椎野の変化球を左前に運び、9回は尾形から149キロの直球を振り抜き、再び左前打を放った。
 「(打席に立って)違和感はなかったので、そこが一番よかったです」と実戦感覚は問題なし。その上で、「真っすぐを打ちにいってファウルになっていたので、一球で捉えられるように感覚のズレを直したいです」と1軍で通用するレベルへ高めることを心掛ける。
 片岡2軍監督は「すごくよかったです。初めて実戦で見ましたが、ボールを呼び込む間がありました」と評価。22日の同戦では外野守備にも就かせる予定で「守備に就いたら、さらにいい状態になってくれると思います」と期待した。
 1軍は24日からセ・パ交流戦が始まる。「そこまでに戻れるように明日も頑張ります。コロナ前よりも良い状態にしていきたいです」と鵜飼。1軍復帰に向け、さらに成長していく。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ