本文へ移動

【愛知大学野球】2季ぶり12度目Vの名城大が胴上げ 安江監督が15度宙に舞う「何としても2年連続で春優勝をしたかった」

2022年5月21日 21時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知大学野球春季リーグ1部を制し、ナインに胴上げされる名城大の安江均監督

愛知大学野球春季リーグ1部を制し、ナインに胴上げされる名城大の安江均監督

◇21日 愛知大学野球春季リーグ
 最終週で対戦予定だった愛産大が野球部員に新型コロナ陽性者が複数人出たため出場を辞退、2季ぶり12度目の優勝が決まった名城大が試合後のグラウンドで安江均監督(62)らを胴上げした。
 選手の手で宙を15度舞った安江監督は「昨秋は厳しい結果(4位)だった。何としても2年連続での春優勝をしたかった」と笑顔をみせた。安江監督らの後に胴上げされた中村昂央主将(4年・高岡商)は「優勝の実感が湧いてきました」と喜んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ