本文へ移動

ブラーヴのお母さんには思い入れが…新馬戦からどんな競馬をしてくれるか楽しみ【松山弘平コラム】

2022年5月22日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 2週後には、2歳新馬戦がスタートします。栗東で2歳馬の調教にもまたがっていて、先週、今週と加用厩舎のブラーヴ(牡、父マジェスティックウォリアー)に騎乗。お母さんは函館2歳Sを勝ったファインチョイスで、僕も乗って勝った(13年・HTB杯)ことがあるので思い入れがあります。新馬戦からどんな競馬をしてくれるか、今から楽しみにしています。
 日曜は中京で8鞍の依頼を頂きました。3Rのサトノリーベは乗ったことはありませんが、成績的にチャンスがありそう。4Rのインペリアスはスタートが遅い点がネックですが、力はありますし、うまく流れに乗れれば。6Rのハーツアズワンは前走が強い競馬で、1400メートルは合っていますし、昇級でも通用する能力を持っています。
 9Rのダノンドリーマーは追い切りに乗りましたが、動きは良かったです。成績的にもこのクラスでは力上位の馬だと思いますし、メンバー次第で勝ち負けを期待。11Rのトーセンアランは前走大敗しているのが気掛かり。ただ、2走前が強かったですし、もまれない競馬をして、力を出し切れれば、いい競馬をしてくれると思っています。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ