本文へ移動

【リーグワン】リーグ戦1位の東京SGがPO決勝進出 WTB尾崎がインターセプトし80m独走トライ

2022年5月21日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、自陣から独走トライを決める東京SGのWTB尾崎晟

前半、自陣から独走トライを決める東京SGのWTB尾崎晟

▽21日 ラグビーリーグワンプレーオフ準決勝第1戦 東京SG30―24BL東京(花園ラグビー場)
 リーグ戦1位の東京SG(旧サントリー)が同4位のBL東京(旧東芝)を下した。東京SGは前半、守勢に回りながら相手パスをインターセプトしたWTB尾崎晟也が約80メートルを独走してトライするなど17―17の同点で折り返し、後半もリードを許しながら19分にCTB中村亮土主将のトライで逆転。
 殊勲の尾崎は「相手がFWのパスだったので思い切って取りに行きました。苦しい時間帯にトライできて良かった」。中村主将も「あのトライは効きました」と称賛。自身のトライについては、「あまり考えずに本能で行きました」と笑った。
 決勝は29日、国立競技場で、埼玉―東京ベイの勝者と対戦する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ