本文へ移動

根尾の初登板 立浪監督「打たれたが、フォアボールを出さなかった。またこういう展開で投げることはあるかもしれない」

2022年5月21日 17時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回に力投した根尾

8回に力投した根尾

 中日の立浪和義監督が根尾昂外野手を9点ビハインドの8回に投手としてマウンドに送った。
 1軍初登板となったマウンドで根尾は初球150キロをマーク。先頭の坂倉に右前打を打たれたが、後続を抑えた。9回には先頭打者として打席へ。ケムナと対戦し一塁ゴロに倒れた。
 指揮官は「昨日もたくさん投手が投げているので投げさせました。まだまだ真っすぐとスライダーだけなので、真っすぐを狙われて良い当たりをされたり、ヒットも打たれました。ただ簡単にフォアボールを出さなかった。ストライクを投げられるだけでも良いですね。またこういう展開で投げることはあるかもしれない」と語った。
 今季は外野1本でスタートしたが、遊撃へ再コンバート。投手の練習もしており、今後の起用法に注目が集まる。
 立浪監督は「いろんなことを考えなきゃいけないと思っています。いろいろな見方やいろいろなことを言われると思いますけど、何とか根尾を生かしてかないと。今年1年それを考えながらやっていきたい」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ