本文へ移動

【オリックス】マッカーシーが先制点につながる来日初安打「打つことができて本当にうれしい」

2022年5月21日 15時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇21日 楽天―オリックス(楽天生命パーク宮城)
 オリックスの新外国人選手、ジョー・マッカーシー外野手(28)が来日初安打を記録した。
 この日、左脚を痛めた主砲の吉田正が再び戦列から離脱した。2試合連続で代役4番を務める中川圭が2回、先頭打者として右前安打すると、左打者のマッカーシーはカウント1ボール・2ストライクから左腕の早川が投じたカットボールを左翼へ流し打ち。2試合5打席目にして初安打を放った。
 「どんな選手にとっても、最初の1本というのはとても大変だと思うし、まずはその1本目を打つことができて本当にうれしく思っているよ! もちろん自分にとってもうれしいヒットだったし、何よりチームの先制点につながってくれて良かったよ」
 この安打で無死一、二塁とチャンスを広げ、2死後に伏見が左へ2点二塁打し、先発のエース山本を援護した。
 マッカーシーはメジャー通算4試合で10打数無安打だったが、昨季レンジャーズ3Aでは74試合に出場し、打率3割5厘、15本塁打。打線低迷のなか、救世主と期待されている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ