本文へ移動

【日本ハム】前夜、逆転勝ち呼ぶ走者一掃打の宇佐見真吾がこの日も2ラン ビッグボス仕込みの“ボンズ打法”で躍進

2022年5月21日 15時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・宇佐見真吾

日本ハム・宇佐見真吾

◇21日 日本ハム―西武(札幌ドーム)
 日本ハムの宇佐見真吾捕手がまた打った。1―0で迎えた2回1死一塁、内海の投じた内寄りの変化球をひっぱたき、右翼席への3号2ラン。リードを3点に広げた。
 宇佐見は「(先発の)上沢のために、打ててよかった」と喜んだ。
 20日西武戦では劣勢の7回に走者一掃の3点適時二塁打を放ち、逆転勝ちの立役者になった。一夜明けて最初の打席で再び豪打。ビッグボスに“ボンズ打法”を学び、「打てる捕手」として存在感を増している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ