本文へ移動

津田学園が愛知1位の東邦に競り勝つ 佐川監督は先発の越智に「100点満点」【高校野球東海大会】

2022年5月21日 13時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発で6イニングを2失点と好投した津田学園の越智晴也投手

先発で6イニングを2失点と好投した津田学園の越智晴也投手

◇高校野球春季東海大会1回戦 津田学園3―2東邦(小牧市民球場)
 津田学園(三重2位)が序盤のリードを守り切り、東邦(愛知1位)を3―2で破って初戦を突破した。
 津田学園は3回に6番西原の2点適時打などで東邦の先発右腕・宮国から3点を先制。4回にソロ、6回には内野ゴロの間にそれぞれ1点を返されるも、越智、阪本の継投でリードを守り切った。
 佐川竜朗監督(43)は「越智が前半粘ってくれたおかげでうちのペースになった。100点満点です」と3年生右腕のチームを勝利に導く好投をたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ