本文へ移動

優勝争いに絡んでいた東前頭6枚目の宇良が無念の休場、左足関節捻挫で【大相撲夏場所】

2022年5月21日 12時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
13日目、阿炎に押し出しで敗れ、土俵下で足を引きずるしぐさを見せる宇良

13日目、阿炎に押し出しで敗れ、土俵下で足を引きずるしぐさを見せる宇良

◇21日 大相撲夏場所14日目(両国国技館)
 東前頭6枚目の宇良(29)=木瀬=が日本相撲協会に「左足関節捻挫で3週間の休場を要する」との診断書を提出し、休場することが決まった。宇良は13日目に阿炎に敗れたが、7日目から6連勝するなど、ここまで9勝4敗で優勝争いに絡んでいた。
 対戦相手で先場所初優勝した若隆景(27)=荒汐=は不戦勝となり、勝ち越しとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ