本文へ移動

<ふるさとのたからもの> (40)政所茶(東近江市政所町)

2022年5月21日 05時05分 (5月21日 14時24分更新)
政所茶縁の会主催の茶摘み=2019年5月、東近江市政所町で(山形さん提供)

政所茶縁の会主催の茶摘み=2019年5月、東近江市政所町で(山形さん提供)

  • 政所茶縁の会主催の茶摘み=2019年5月、東近江市政所町で(山形さん提供)
  • 新茶まつりのイベントを主催した政所茶生産振興会のメンバー=2019年6月、同市蓼畑町の道の駅で(山形さん提供)
  • 乳児をベビーカーに乗せ茶畑の広がる里道を散歩する山形さん=東近江市政所町で
 室町時代を起源とする東近江市奥永源寺地域の特産品「政所茶(まんどころちゃ)」。鈴鹿山麓で無農薬、化学肥料を使わない栽培は六百年を経過した今も受け継がれ、茶葉の香気、のど越しの良いすっきりとした味わいで近江三大銘茶に数えられる。生産農家は、高齢化や栽培環境、販路など課題を抱えつつ、銘茶を後世に伝えたい、と栽培を続ける。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧