本文へ移動

【DeNA】佐野が復帰も激走ヘッドスライディングの楠本泰史が下半身の張りで治療

2022年5月21日 11時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA楠本

DeNA楠本

 開幕から故障のオースティンの代役を務めるDeNAの楠本泰史外野手が21日のヤクルト戦(横浜)前、下半身の張りのためトレーナーの治療を受けた。
 楠本は20日のヤクルト戦(横浜)の8回1死から右前打で一塁に出塁。続くソトの右前打で三塁まで激走しヘッドスライディング。9回の守りから交代していた。
 21日のヤクルト戦(横浜)前に取材に応じた三浦監督は「トレーナー室で治療をしています。どちらかの脚です。下半身の張り。状態を見ながら」と説明した。
 DeNAはこの日、佐野が1軍復帰したが、現在のレギュラー楠本が欠ければ外野の布陣は苦しいところ。
 楠本は開幕から2番や3番でスタメンに名を連ね31試合で、打率2割5分9厘、1本塁打7打点。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ