本文へ移動

【中日】立浪監督「相当きつかった」重すぎる〝初回満塁被弾〟

2022年5月20日 22時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・立浪監督

中日・立浪監督

◇20日 広島11-5中日(マツダスタジアム)
 中日は先発の大野雄が5失点で4回KO。3連敗で借金2となった。初回に無死満塁から4番・マクブルームに痛恨の本塁打を浴び、3回にも1点を失って計5失点。今季最短に並ぶ4イニングで降板した。左腕は「チームが踏ん張らなければならない試合で、申し訳ないです」と肩を落とし、立浪監督も「非常に痛い満塁ホームラン。相手が大瀬良だったので初回の4点は相当きつかったですね」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ