本文へ移動

【東都大学野球】駒大、土壇場の連勝で1部残留決定!殊勲の先制2点打の大森が首位打者も獲得

2022年5月20日 21時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
駒大の大森廉也外野手

駒大の大森廉也外野手

◇20日 東都大学野球春季リーグ(神宮)
 1部残留争いは3校による4~6位決定戦(プレーオフ=PO)にもつれこんだ。最下位だった日大が6―5で中大に勝ち、亜大に負けた青学大を合わせた3校が、5勝7敗の勝ち点2で並んだ。駒大は土壇場の連勝で1部残留を決めた。総当たりのPOは24日から神宮球場で行われる。
   ◇   ◇
 1部残留&首位打者を決めた。勝てば残留の駒大は1回1死二、三塁で打率リーグトップだった大森廉也外野手(3年・市船橋)が右前に先制2点タイムリーを放ち「前半で試合を決めようとみんなで話していたので、初球からどんどん振っていこうと思った」と胸を張った。
 7回にも逆方向の左に流して4打数2安打。打率を3割6分7厘まで上げて首位打者も獲得。昨秋もリーグ3位の打率3割4分4厘でベストナイン獲得のヒットメーカーは「今年は映像とかでイメージをある程度つかんでおき、ピッチャーによって待ち方などを変えました」と進化。チームは勝ち点2に終わったが、秋はさらにレベルアップして巻き返す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ