本文へ移動

<ダイアリー> 「とこちゃんはどこ」

2022年5月20日 05時05分 (5月20日 11時07分更新)

◇松岡享子/作
◇加古里子/絵
◇福音館書店・990円

 「月謝を出さなければいけないくらいなのに、子どもさんからタダで教わっている。一年三百六十五通りの遊びを毎日考えて楽しみましょう」
 絵を描いた加古里子氏は東大卒の工学博士だけれども偉ぶらず、「子どもさん」と表現して、子どもたちから、常に学ぶ姿勢を貫いた。三十年後でも通用する作品造りを最期まで心掛けていた。
 お話を書いた松岡享子氏は米国で図書館学を学んだ。子どもたちにお話を語り、本を手渡しながら、児童文学の研究、翻訳、創作に従事。石井桃子氏らとともに財団法人東京子ども図書館を設立し、数々の功績が認められ、二〇二一年には文化功労者に選出。没日付で旭日中綬章も授与された。
 平和を願い、子どもたちの健やかな成長を見守る偉大なお二人の愛情を感じる珠玉の作品。半世紀以上経過した今でも多くの方に愛読されています。
 表紙、裏表紙の見開きで、いろいろな遊びを楽しんでいる子どもたちが描かれています。人ごみに紛れた赤い帽子と青いズボンの元気な男の子とこちゃんをページを追って探し出す一九七〇年初版の「元祖絵探し絵本」です。
(石川子ども文庫連絡会おはなしスクエア 菊池知子)
石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはこちらから。

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはQRコードから。

  • iOS用QRコード

    iOS用QRコード

    (App Storeに遷移します)

  • Android用QRコード

    Android用QRコード

    (Google Playに遷移します)

関連キーワード

おすすめ情報