本文へ移動

解体中断の久昌寺、本堂の保存提案 江南市の文化財保護委員が報告書

2022年5月20日 05時05分 (5月20日 11時20分更新)

上空から見た久昌寺=ドローンシティ江南提供

江戸末期から明治期に発行された「尾張名所図会」の久昌寺=県図書館所蔵

 解体工事が一時中断された織田信長ゆかりの久昌寺(きゅうしょうじ)(江南市田代町)について、市の依頼で建物を調査した市文化財保護委員の長谷川良夫さん(90)が十九日、報告書を市に提出した。庫裏だけでなく本堂でも、信長と同時代の天正年間(一五七三〜九二年)の古材が残っていると推定し、本堂を保存するように提案した。市はこれを踏まえ、今後の対応を検討している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧