本文へ移動

座布団ビラメ舞う 静岡・掛川サーフ

2022年5月20日 05時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
72センチの座布団ビラメを手に笑顔の若松さん

72センチの座布団ビラメを手に笑顔の若松さん


 私がライフワークとしているサーフルアーゲームは、目の前に広がる大海原にフルキャストするだけでもストレス解消になるが、ヒラメを筆頭に食べておいしい魚が釣れるのも魅力だ。例年、GWから釣果が聞かれ始めるヒラメだが、今季は遅れ気味のよう。それでも運が良ければ釣れるだろうと6日、釣友の若松さんと静岡県掛川市のサーフへ出かけた。結果は2人とも型を見ることができ、なかでも若松さんには座布団サイズがお目見えした。 (愛知県豊田市・高木孝)
 夜明け前にはキャストを開始しようと午前5時にポイントに到着して見渡すと、先行者は3人だけだった。釣果が聞かれていれば夜明け前から多くのアングラーが海岸線に並んでキャストを繰り返しているはず。今季の不調を感じながら若松さんと釣り始めた。
 ヒラメ狙いではナギの澄み潮が好条件といわれるが、田植えの水が河川から流出するこの時期は海が濁る傾向にあり、この日も濁っていた。個人的には適度な風と波はヒラメの警戒心を緩め、濁りはベイトフィッシュが身を隠しやすくなるためチャンスはあると考えていたが、探り歩いても全く反応を得られず1時間が経過した。
 若松さんも反応がないということで、手分けして良いポイントを探そうと、私は1キロほど西に移動。すると、1時間後の7時すぎ、携帯電話が鳴った。
 若松さんが釣れたのだろうと慌てて電話を取ると、60センチオーバーのヒラメをキャッチしたとのこと。電話を切って急いで戻ると、そこには大物を手にした若松さんが待っていた。
 久しぶりに見た大型ヒラメを一緒に計測してみると、座布団サイズの72センチ。肉厚のコンディションのいい魚体を持っての記念撮影は、重さで手を震わせながらも笑みが絶えなかった。
 釣れた人のマネをするのが釣果への近道。ヒットルアーを聞くと、ビーチウォーカーハウルのバブルガムピンク、ヒットしたポイントは近いということだった。早速、同じルアーをキャストしてコースとアクションを変えながら誘ってみることにした。
 この日は上げっぱなの8時すぎにチャンスタイムがあると信じてキャストを繰り返していると、やがて波間にベイトフィッシュが確認できるようになった。生命感が出てきたと感じつつ、リトリーブをやめてフォールさせると次の瞬間、ガツンと明確なアタリ。反射的に合わせるとロッドが大きく曲がった。
 ヒット直後は素直に寄ってきたが、ドラグを鳴らして抵抗するので良型を期待していると、波間に大ヒラメ特有の尾を立てている姿が見えた。同時に、絶対にキャッチしたいとの緊張感が走ったが、若松さんが駆け寄ってきたタイミングで波に乗せ、無事ランディングとなった。ランディングツールでしっかりとつかみ、波の影響を受けない所で測ると、おまけで60センチ。肉厚でおいしそうなヒラメを手に笑顔の記念撮影となった。
 この日の釣果は1匹ずつだったが、出来すぎのサイズで記憶に残る釣行となった。例年なら7月初旬まではマゴチ、シーバス、イナダなどに加えて良型のヒラメが期待できる時期。サイズアップを目指して釣行したいと考えている。
     【当日のタックル】
ロッド Gクラフト・モンスターサーフ1072TR
リール シマノ・ステラ4000XG
ライン 東レシーバスPEパワーゲームデイタイム1号
ルアー DUO ビーチウォーカーハウル

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ