本文へ移動

「投高打低」今後も続く? 相次ぐ快投

2022年5月20日 05時05分 (5月20日 05時05分更新)
西武戦でノーヒットノーランを達成したソフトバンク・東浜=11日、ペイペイドームで

西武戦でノーヒットノーランを達成したソフトバンク・東浜=11日、ペイペイドームで

  • 西武戦でノーヒットノーランを達成したソフトバンク・東浜=11日、ペイペイドームで
  • オリックス戦で完全試合を達成し、笑顔を見せるロッテ・佐々木朗=4月10日、ZOZOマリンで
  • 阪神打線を10回2死まで完全に抑えた大野雄=6日、バンテリンドームナゴヤで
 28年ぶりの完全試合と相次ぐ「未遂」、居並ぶ防御率1点台の先発。開幕から2カ月がたとうとしているプロ野球が、投手の躍進で沸き立っている。立て続けに打ち立てられた偉業から見えるのは、「投高打低」の様相。残りシーズンも、この傾向は続くのか。
 (須江政仁、永井響太)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報