本文へ移動

【巨人】菅野は完投寸前で降板も5勝目「情けない気持ちで、大勢頑張れと」今季最長イニングには手応え

2022年5月19日 23時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5勝目を挙げ笑顔を見せる菅野

5勝目を挙げ笑顔を見せる菅野

◇19日 巨人2―1広島(東京ドーム)
 巨人先発の菅野智之投手は8イニング3分の1を1失点に抑え、リーグトップタイの5勝目を挙げた。ただ、完投を目指した9回に1死一、二塁のピンチをつくり降板となったことは悔しかったようで、ヒーローインタビューの第一声では「もう情けない気持ちで、大勢頑張れと、そういう気持ちで見ていました」と話した。
 それでも、右肘の違和感から復帰2戦目で今季最長イニングを5安打に抑えた。「だんだんボールも操れてきました」と手応えを口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ