本文へ移動

県立高の元女子生徒 退学迫られ飛び降り 教諭ら提訴

2019年12月11日 02時00分 (5月27日 05時35分更新)
 県立高校の元女子生徒が在校時に男性教諭から自主退学などを執拗(しつよう)に迫られ、校舎三階から飛び降りて大けがや精神的ストレスを負ったとして、県や男性教諭らに損害賠償五百五十万円を求め、提訴した。第一回口頭弁論が二十六日、静岡地裁である。
 訴状によると、男性教諭は元生徒が二年時に所属した研修班の指導教員だった。二〇一六年十月、班の研修日程が変更され、私用と重なったため、元生徒は無料通信アプリ「LINE」(ライン)で欠席を打診。男性教諭は「厳しい指導を受けないと理解できないようですね」「このような非常識を受けたことはない」などと返信し、研修の中止を告げた。
 元生徒は謝罪し、研修実施を懇願したが、男性教諭は「絶対引き受けない」と拒否。深夜に約一時間、電話でののしった。
 二日後にも罵倒し、「学校やめろ」「おまえに選択肢はない」などと迫った。直後に元生徒は窓から飛び降り、両腕を骨折する重傷を負った。急性ストレス反応も発症し、一カ月ほど入院した。
 元生徒側は「執拗な罵倒とどう喝で急性ストレス反応に陥った」「夢と希望に満ちあふれた高校生活を台無しにされた」と主張。元生徒と接触させない配慮がなかったとして、県や当時の校長も訴えている。
 提訴に対し、県は「対応を協議中」としている。男性教諭の処分内容などは明らかにしていない。

関連キーワード

おすすめ情報