本文へ移動

7回一挙6点奪って大逆転勝利「我慢してくれて」石井監督、押し出し四球を選んだ武藤を褒める【楽天】

2022年5月19日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石井監督に迎えられる楽天・岸

石井監督に迎えられる楽天・岸

◇19日 ロッテ2―7楽天(ZOZOマリン)
 楽天が7回に一挙6点を奪っての逆転勝ちを収め、同一カード3連敗を阻止した。石井一久監督は「ここというところで(打者の)みんながコンタクトもアプローチもしっかりとしてくれたんじゃないかな」と胸をなで下ろした。打者9人の猛攻で、特に指揮官が評価したのが2番の武藤。1死満塁で球を見極め、同点の押し出し四球を選んだ入団3年目の若武者を「バットを出したいところを我慢してくれて…。2ストライクからアプローチをしっかりやって、四球を取ってくれた」とたたえた。
 ▽楽天・岸(6イニング2失点でリーグ最多タイの4勝目)「本塁打は打たれてしまいましたが、守備にも助けられて何とか粘れたかなと思います」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ