本文へ移動

2番手の佐々木千隼が押し出し2つ含む4与四球に満塁弾許す大乱調で、7回に6点奪われる【ロッテ】

2022年5月19日 20時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表1死満塁、武藤に押し出し四球を与え、肩を落とすロッテ・佐々木千

7回表1死満塁、武藤に押し出し四球を与え、肩を落とすロッテ・佐々木千

◇19日 ロッテ―楽天(ZOZOマリン)
 ロッテが1点をリードしていた7回に大量6点を奪われ、試合をひっくり返された。2番手で救援した佐々木千隼投手が2つの押し出し四球を含む4与四球の乱調で逆転を許し、3番手の小野もマルモレホスに満塁本塁打を右翼席へたたき込まれた。
 それまでは先発右腕の河村が6イニングを投げて3安打1失点と好投。序盤にレアード、マーティンに今季初のアベックアーチが飛び出すなどロッテが試合の主導権を握っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ